妊娠・出産・育児や赤ちゃんの離乳食・粉ミルクに関する情報が満載!「森永はぐくみ」

森永乳業 妊娠・育児情報ホームページ 「はぐくみ」

 

サイト内検索

 

妊娠・出産・育児情報サイト「はぐくみ」を運営の森永乳業株式会社TOPはこちら

 

スマートフォンページはこちらから

 
 

森永のミルクについて

母乳のようにやさしいミルク

ラクトフェリンについて

ラクトフェリンは近年さまざまな食品にも含まれている機能性素材ですが、ラクトフェリンの特長や由来はどのようなものでしょうか。

ラクトフェリンとは、乳に含まれる生体防御に重要なたんぱく質の一種です

ラクトフェリンは多くの哺乳動物の乳に含まれており、ヒトの母乳、特に出産後数日の間に多く分泌される初乳に最も多く含まれているたんぱく質の一種です。

ラクトフェリンは赤ちゃんの健康維持のために必要な成分であると考えられ、当社でも育児用ミルクの研究の中で、ラクトフェリンの重要性に着目し、研究を開始しました。

ラクトフェリンは母乳以外にも唾液や涙、鼻汁など体内の外分泌液、粘膜液、白血球の一種である好中球に存在し、外部から進入する細菌やウイルスからの攻撃を防ぐ防御因子のひとつと考えられています。その他、健康維持に関わっているさまざまな役割を持つたんぱく質として注目され、国内外で盛んに研究が進められています。

ウシラクトフェリンの分子構造
 

ラクトフェリンの名前の由来

ラクトフェリン粉末 ラクトフェリンという名前は、「ラクト=乳」の中の、「フェリン=鉄を結合するたんぱく質」ということから名付けられました。
ラクトフェリンは鉄を結合する力が非常に強く、この性質により微生物の生育を抑制することが知られています。

乳の中にはどれくらいのラクトフェリンが含まれているのか?

ヒトの初乳(出産後5日目ごろまでの母乳)には100ml当たり約600mg、常乳(出産後3週間以降の母乳)では約200mgのラクトフェリンが含まれています。

また、ラクトフェリンは殺菌される前の牛乳(以下、生乳といいます)の中にも存在しています。生乳も牛の赤ちゃんを育てるための乳ですので、ラクトフェリンが含まれているのです。しかし、生乳のラクトフェリン濃度はヒトの母乳の10分の1程度ですので、ヒトの母乳中のラクトフェリンは非常に多いことが分かります。

牛乳と母乳のラクトフェリン含量

 

【はぐくみ】森永乳業の妊娠出産育児や赤ちゃんの離乳食粉ミルクに関する情報が満載!(HOMEへ)